読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規リポジトリー同期のためのGitHub Desktop

GitHub Desktopを使って、GitHubで作った新規リポジトリーをローカルと同期させるための手順をまとめた。

手順

  1. ローカルでファイル作成
  2. GitHubリポジトリー作成
  3. GitHubリポジトリーにファイルをアップロード
  4. GitHub DesktopでGitHubリポジトリーをクローン
  5. 以下、ローカルでプロジェクトの編集

1. ローカルでファイル作成

適当な場所に作成。 今回はsrcフォルダー内に幾つかのファイルを作成した前提で話を進める。

2. GitHubリポジトリー作成

GitHubリポジトリーで[New]ボタンを押して作成。 .gitignoreも同時に作成。

3. GitHubリポジトリーにファイルをアップロード

2で作ったリポジトリーの[Upload files]ボタンを押して、 1で作ったsrcフォルダーをドラッグ・アンド・ドロップ。

4. GitHub DesktopでGitHubリポジトリーをクローン

[+] > [Clone]で、GitHub上のリポジトリーが表示されるので、 2で作ったリポジトリーを適当な場所にクローン。 1のsrcフォルダーは削除して構わない。

5. 以下、ローカルでプロジェクトの編集

ローカルでファイルを変更・追加すると、GitHub Desktopの[Uncommitted Changes]に表示される。 Commitしたいファイルにチェックボタンを付けて、SummaryとDescriptionにコメントを記入して、 [Commit to master]ボタンを押す。 この時点ではローカル保存なので、右上の[Sync]ボタンを押すとGitHubと同期される。

ちなみにコードではなくデータを保存しているフォルダーも、更新があった際は[Uncommitted Changes]に表示される。 このようなCommitしなくていいフォルダーは、.gitignoreにdata_dir/のようにと書いておくと、 [Uncommitted Changes]に表示されなくなり、変更ファイルが分かりやすくなる。